会社で言いたいことを言う3つのメリット

みなさん、こんにちは!

 

突然ですが、みなさん言いたいこと言ってますか?

 

V6の「学校へ行こう!」と言うTV番組ご存知ですか?

私はその中の『未成年の主張』と言う企画が大好きでした。

なぜ、好きなのか考えてみました。

  • なんだかスッキリする
  • それわかる〜と共感できる
  • 私も言ってみようかなと、思わせてくれる

 

ブログを始めて1週間とちょっとのわかなん(@wakanai92)。

元から言いたいこと言っていたほうかな?と思うのですが、

ブログを始めて、ますます言いたいことを言うようになりました。

(やばいやつ)

 

 

例えば、

会社で配られた資料が「わかりにくいな〜」と思ったとします。

その資料を作ったのはもう10年も上の上司だとします。

ほとんどの人は、

「わかりにくいな〜」からの、言いにくいし

「ま、いっか!」で、はい終了。ではないでしょうか?

 

ここ1週間のわかなんは、一歩行動してみるようにしています。

「この資料わかりにくいな〜」

「自分だったらこうするな〜」

「上司に提案しちゃお!」

 

その中であった3つのメリットをご紹介します。

 

共感を呼ぶ

自分が思っていることは、他人も感じていることが多いのです。

前の例での資料がわかりにくい」という事実。

 

試しに隣にいる人に聞いてみてください。

リアルな声が聞けます。

私も実際に、同い年の同僚に聞いてみました。

(なるべく本音を言ってくれそうな人を選びました。)

すると、「私もちょっとよくわかんなかった。」

との返答がありました。

 

自分が思っていることは他のだれかも思っている可能性が高いです。

ここで終わったら、ただの愚痴になってしまうかもしれません。

 

私が言いたいことを言うことによって

周りにいい影響が及ぼされるのではないか、と思いました。

 

相手の立場になって考える習慣がつく

言いたいことを、ただ言いたいから言うのは受け入れてもらえにくいです。

言いたいことを言って、それが周りやその人自身にどんないいことがあるのか考えます。

今回の資料がわかりにくいと言う事実。

資料がわかりやすくなると、どんないいことがあるでしょうか?

  • 読む人の負担が減る
  • 内容がより伝わりやすい
  • 伝えたい内容が活きてくる

 

自分と相手と、そして周りにとっていいことをもたらす言いたいことは

じゃんじゃん言っていきましょう!

  • 嫌われそう。(もしかしたら、そうかも!笑)
  • 干されそう。(うん、かもしれんね笑!)

ま、気にすんな!

今、自分が自分のこと一番考えているように、

みんなも一番自分のこと考えているから大丈夫だよ!笑

 

周りも影響される

今回、言いたいことを言ってしまい、

ややクレイジーわかなんになっております。

しかし、一人が言いたいこと言っている!となると、

周りのひとも、心で思っていたことを言い出しました。

言いたいことがあると言うことは、

そのことについて考えていると言うことです。

 

黙って過ごす方が断然楽です。

しかし、何か一言発言して、小さなことでも変えてみてくだい。

それが自分の財産とあり、未来の自分の励みになります。

 

今回、わたしも小さなことですが、

言いたいこと言って、多少なりとも変わった気がしました。

何か大きなものを変えたわけではありません。

しかし、次何かまた言いたいことがあった場合、

今回のことが糧になる気がします。

 

発信するの面白さを、リアルでも感じたわかなん でした。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です