会社を辞めようとしている人が強い理由

みなさんこんにちは!

絶賛人生模索中のわかなん(@wakanai92)です!笑

突然ですが、みなさん「会社を辞めたい!」と思ったことはありますか?

私ですか?あります。堂々と言います。あります!(聞いた聞いた!)

いつか辞めようとずっと思っていた今の会社。

実は、つい先日突然上司に言ってしまったのです。

なぜ、突然「会社、辞めます。」と言ったのか

入社3年目の私。家具屋さんで販売をしています。

後輩もでき、できる仕事も増えてきました。

先日、店長から突然こんなことを言われるのです。

店長
来月からチームを変えることになった。

わかなん には、副店長になってもらうことになったから!

突然のことでびっくり仰天でした。

言われた時の私の率直な気持ちは、

わかなん
素直に嬉しい。でも、会社を辞めようと思っている奴がなっていいのだろうか。

会社に対する罪悪感に耐えれない。このタイミングで辞めてしまってもいいのではないだろうか。

生真面目な私は、異常なまでの罪悪感に襲われました。(ほんと、くたびれるやつだ笑)

ーーーー二日後

わかなん
店長、お話があります。

私、会社辞めようと考えています。

(言ったーーーーーーーー)

(突然すぎーーーーーーー)

(どんなタイミングーーー)

いつか辞めようと考えていた気持ちが、罪悪感に背中をぽんっと押されたのです。

2年半沈黙を守ってきた「辞めます。」の一言をすんなり言ってしまいました。

その時の、店長からこんな言葉を言われます。

店長
上司としてじゃなくて、一個人として話すね。
会社を辞めるのはいいと思うよ。
でも、わかなの市場価値をもっと上げてからでもいいんじゃない?
会社を利用しつつ、水面下でいろいろしてみたら?
会社に罪悪感なんて持たなくていいよ。
みんなだってきっと、一生会社に勤めるという気持ちで働いてないよ 。

そして、店長に転職の思考法という本を紹介されるのです。

「転職の思考法」を読み、会社を辞めることへの概念が覆されました。

どうして会社辞めようとしている人こそが、強いのか

会社を辞めようと考えている人こそが、会社にとって利益をもたらす可能性が高いからです。

(いや、何言っとんやーーい。会社辞めるとか、裏切りものじゃね??)

そう思っちゃいましたね。私も思っていました。

会社を辞めるということは、その会社以外の場所で、生きていくということです。

(いやいや、ん?そらそうやけど、それの何が強いの?)

どこでも働ける人は、市場で通用する武器を持っています。

他で使える武器を持っている人、他に取られたくない!

武器を持っている人は、会社に置いておきたいですよね?

 

会社を辞めようと考えている人は市場価値が上がる

私は、個人でもこのわかなん ブログを書いていますが、

家具屋さんの私は会社でもインテリアに関するブログを書いています。

ブログを書くという仕事一つでも、

会社内で完結してしまうのか、市場価値に目を向けて仕事をするのかで、

行うパフォーマンスは全く異なってきます。

ブログの仕事が会社内で完結する人
→家具の特徴を書いていこう。家具の種類を紹介していこう。
ブログの仕事が市場価値になる人
→SEO対策をして書いてみよう。わかりやすい、読みやすい文章で書いていこう。

※SEO対策とは、グーグルなどで何か調べ物をするときに自分の記事がヒットするように対策すること

”ブログを書く行為”を、その会社内の仕事で終わらせずに

市場で通用する価値にするにはどうすればいいのか。

全ての仕事に使える考え方です。

会社辞めようとしてるからと言って、決して市場価値が上がるわけではない

突然、今までの逆のことを言い出すやーーーんと、思ってしまいましたね。笑

会社を辞めようって、誰でも思えます。

しかも、実際に辞めることって、簡単にできます。

しかし、自分に市場価値が見出せないまま、会社の外に放り込まれたらどうなるでしょう。

はい。お察しの通り、同じことを繰り返す可能性が高いです。

 

会社をいつでも辞められる状態にある人が強い

『会社を辞めようと考えている人』は、

今の会社だけで使える武器ではなく、市場で価値のある武器を身につけようと努力します。

『会社を辞めようと考えている人』は、

会社のためではなく、自分の成長のために働きます。

自分の成長にために、結果を出そうと努力します。

結果を出すことは、自分の財産になります。

自分が結果を出すことは、おのずと会社にとっての結果になり、利益になるのです。

つまり、会社を辞めようと思っている人こそ強いのです。

会社辞めます。と宣言したわかなん の現状

店長は、「今回は相談ということで受け取っておくね。」

と言って、退職の話は一旦終わりました。

店長の言葉と「転職の思考法」で、会社への罪悪感がすっかりなくなった私。(単純。笑)

以前までの「どうせ辞めるし」精神から、

「辞めても大丈夫なように、この会社を利用して武器を身につけさせてもらおう」

というスタンスになったのです。

すると、ここ最近はなかなか好調で、逆に仕事が楽しくなってきてしまいました。

(いや、だから単純笑)

なんてこった・・・。まんまと店長の作戦に乗せられたやんw

なんとなくで会社を辞めようと考えている方、

ぜひ一度自分にはどんな武器があるのか、考えてみてください。

きっと、新しい視点が見つかるはずです。

最後までお読みいただきありがとうございます。

(このブログ書くのに朝の6時までかかってしまいました・・・。てへっ)

会社を辞めようとしている人へオススメの本はこちら▼

関連記事はこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です