26歳で献血60回行った男に聞いた、献血のオススメ利用方法

みなさんこんにちは!

献血インタビュー2記事目です。

今回は、26歳にして献血に60回行ったというたくと君に

献血のオススメの利用方法伺いました!

 

看護師さんの腕は、施設によって違う?

以下の考察は、たくと君の個人的分析でございます。

ーーーたくと君は献血しにどこを利用したことがありますか?

たくと君

「浪人中の博多駅で13回ほど、

大学時代京都駅で10回ほど、

東京駅2回ほど、

今住んでる宇治市で10回ほど

バスの献血で数回程・・・

あー。鳥取県でも1回したこともあります。」

ーーーなぜ鳥取県で?!?!

たくと君「大学生の時、3日間の部活の遠征で最終日がオフだったんです。

そこで、あ、献血行きたいと思い、ふら〜〜〜と気づいたら献血してました。」

たくと君ほどになると、本能で献血に行っちゃうんですね。

 

ーーーその施設の中で違いはありましたか?

たくと君

「もちろんあります!

都会の方が漫画やDVD、お菓子屋ジュースは充実しています。

京都駅や博多駅はカップ麺もくれます。

今僕が行っている田舎のところなんてカントリーマアムしかないんですよ〜。

DVDも置いてないですしね・・・。

でも、田舎の献血ルームの方が腕はいいことが多いです!」

献血ルームの違い
都会・・・DVD、お菓子、の充実
田舎・・・DVDなどは充実していないが、看護師さんの腕がいい。

 

ベテランの人に担当してもらうには?

たくと君

「1回、都会の駅で献血していた時に

めっちゃギャルのお姉さんが担当だったことがあったんですよ。

その時に『いつもより痛いかもですー。』と言われ、ビビってたら、、、

案の定、※成分献血の時、残りの血液を戻す時にうまいこと血管に戻らなかったんです。

めちゃめちゃ痛くて・・・

血管から血液が漏れて、だいぶ青あざになりました。」

※成分献血とは・・・血液の中から血小板のみを抽出し、残りの成分は体に戻す献血のこと

ーーー献血する側は、担当の人を選べないのが困りましたね・・・。

たくと君

「いや、献血初めてとか、慣れてなかったら、

『初めてで、慣れてないです』というとベテランの人がしてくれることが多いです。

怖い人は怖いと正直に言うといいですよ。

あ、あと、献血で失敗されると、4ヶ月献血禁止になるんですよ・・・。

僕にとって、4ヶ月献血行けないのが辛かった・・・」

 

ーーーそこ?!なんて、仏なんだ・・・。笑

ベテランの人に担当してもらうには?
「注射怖いです!」と正直に言おう。

 

マーケティングが学べる?

献血で、いろんなことが学べると語るたくと君

ーーー献血で何が学べたのですか?

たくと君

「マーケティングですね。(真剣風に語っていました。)

『どうリピーターを増やすか。』を学べました。

僕がやっている※成分献血では、60分ぐらい時間を要します

そんな中、DVDがある献血ルームなら献血しながら、映画が見れます。

しかし、映画は平均120分あります。

1回の献血じゃ、観終わらないんですよ。

これ、うまいことやっとんなと思いましたね。

僕なんて、当時トイストーリー3を3回に分けて献血ルームで観ましたもん。」


たくと君の、分析やポジティブシンキングが覗けましたが、

みなさんも、あらるゆ目線で日々過ごすと、新しい発見がありそうですね!

 

お読みいただきありがとうございました!

関連記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です