会社を本気で辞めようと思ったら、仕事が楽しくなる不思議体験

みなさんこんにちは!

お久しぶりのブログ更新になってしまいました。

入社3年目、家具屋販売員をしています、わかなん (@wakanai92)です。

数ヶ月前、ちょうどこのブログをはじめた頃(2018年9月)

私は毎日なんだかぬるっと生きていて、

このままじゃいけないんだろうけど

何をしたらいいかわからない・・・

と日々悶々としていました。

(まあ、割と今もしていますが・・・)

そして、いっそのこと今の会社を辞めたほうがいいのでは?

と安直な考えに行き着きました!

(わかなあるある)

す・る・と・・・

5ヶ月経った現在、仕事がなんだか楽しいではありませんか!!!!

今回は、なぜ仕事を辞めようと決心すると仕事が楽しくなってしまう不思議体験をしてしまったのか、書いています。

仕事辞めたいな〜。

ぬるっとした日々から脱却したいな〜。

という方に読んでいただきたいです。

辞めると決めたら楽しくなる理由①:時間を大切にする

「辞める」と言うことは、リミットが決まると言うことです。

終わりが分かっていると、だらだらとせずに

「今の自分の全力を出そう」と言う意識になります。

テスト前に必死で勉強始めたりとか、

朝家出る直前バタバタ本気だしたりとか・・・

その本気が、会社を辞めると決めたことで意識されたのです。

今日の勤務時間8時間で、何か一つはできることを増やす!

目の前のお客様と話すのはもう最後かもしれないから、力になれることはなんでもする!

チームのメンバーに感謝や助言、伝えられることは伝える!

リミットが決まると、見える世界が変わってきました。

時間を無駄にしなくなり、仕事が楽しくなったのです。

辞めると決めたら楽しくなる理由②:プライドが捨てられた

辞めると決めると、周りからどう見られるかが、

少しだけ気にならなくなりました。

私の性格上、「嫌われたくない」「これを言ったら、意識高いwって思われそう」

と、今も周りの目を気にしながら生きています。

同じ悩みを持っている人もいるかもしれません。

しかし、辞めると決めると周りの目が以前より気にならなくなったのです。

私は、同期が副店長になったとき、本当は羨ましかった。

でも、その時私は「私は別にそう言うの興味ないかな〜」なんてことを言った気がします。

カッコつけましたね。自分の情けなさを隠しましたね。

辞めると決めた今、「副店長なりたい!」と自分の気持ちに正直になり、上司に言いました。

そして、今副店長になっています。

今は、副店長では物足りず「店長になりたい!」とまで周りに言っています。

こないだは、店舗に来た弊社社長にまで言ってしまいました。

今まではプライドが邪魔をして言えなかった言葉です。

会社を辞めようとしている人の言動ではないですね笑

https://twitter.com/wakanai92/status/1098751073626423296

辞めると決めたら楽しくなる理由まとめ

人生にも寿命というリミットがあるように、

今していることにもリミットがあります。

私は、それを会社という組織で実感しました。

リミットがあると、ダラダラとできなくなります。

今、何が大事なのか見えてきます。

リミット決めて何かに励むと、見えてくる世界が変わってきます。

だらっとしてしまいがちな、日常に終止符を打ちたい方、

リミットを意識して生きてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です