自分の人生は自分が主役であることをやっと体感し始めた話

みなさんこんにちは!

私わかなん @wakanai92ブログを始めて1ヶ月が経とうとしています。

すごく早かったけど、すごく真剣に生きた。

 

1ヶ月前の大型台風が来たときに起きた奇跡みたいな話は、こちらです。

わかなんの行動が始まるきっかけ〜前編〜

わかなんの行動がはじまるきっかけ〜後編〜

 

上の2記事が私のブログ初投稿でございます。

1ヶ月前の出来事が起こる前と、

今思うこと。

 

自分の気持ちに見て見ぬ振りをしていた。

今の会社の入社当初は周りに馴染めず、肌(特に首)がそれはそれは荒れに荒れた。

接客業の私は働いているときに小さな子に

「お姉さんの首壊れてるよ〜!」と言われたときは、

愛想笑いできていたかな・・・。笑

※入社当初の写真。顔と首が荒れ過ぎて、目が常に腫れてたな〜。痒かったな〜。話をたくさん聞いてくれた同期ありがと。

自分の体が叫んでいたのに、いつか治るから大丈夫と言い聞かせていた。

「仕事行きたくない行きたくない」と思いながらも

具体的に何をするわけでもなく、我慢して職場に向かった。

決して職場が超絶ブラックということではない。

自分の空気と会社の空気が合わず、違和感を感じていたんだと思う。

2年半経った今はというと、入社当初の辛い時期があるからか、

入ってきたばかりの人には

発する言葉や接する雰囲気を気をつけてる。

2年半もいれば、自分と気が合う人も見つけられるようになり、

それなりに楽しくやっている。

しかし、

自分で何かしたい何かしたいと感じていることは知っていた。

それが何かわからず、そして探そうともせず、

2年と半年が過ぎた。

 

他人の背中を押してばっかりいた。

 

私は、周りの人の本音を聞き出すのが得意みたいで、

よく、突然の告白をされることがある。

数ヶ月前は、会社の後輩に

「実は〇〇で働きたいんです。でも、ある程度の力がつくまで、

今の会社で頑張ろうと思ってて・・・」

と、一緒にエスカレーターを降りているときに突然言われた。

その時私は、

「いいやんいいやん!

なんで、行きたいところあるのに今すぐいかないの?

ある程度の力って何?どうなったらその会社に行けるようになるの?

本当に行きたいんだったら今すぐ行きなよ!」

 

するとその後輩は、次の日その会社の求人に応募していた。

そして、1ヶ月後ぐらいに、その会社で働き出した。

※7月にあったその後輩の送別会の写真

その後輩のスピード感は圧巻。

すごい!と、ともになんだか置いていかれたような気持ちになったのも正直な気持ち。

「今すぐ行きなよ!」(今すぐ動きなよ!)は、もしかしたら、

私が誰かに言ってもらいたかった言葉なのかもしれない。

 

 

自分が主役であることが少しわかりだした。

※2018年10月1日出勤中の写真。タイマーセットし、道端で撮影笑

そんな私もブログを書き始めて、やっと自分の人生の主役が自分になりつつある気がしている。

今まで、テレビを見たり、本を読んだり、と

他人が発信していることを吸収するばかりだった。

次は私の番。

今は自分が発信する立場に自ら選択して立った。

そして多少なりとも反応がある。

反応の大きい小さいにまだ惑わされている自分がいるのも確かだ。

しかし、自分のこう思った!こんなこと考えている!

なんてことをアウトプットすることで、

誰かの背中を押せていることもあるのだ。

背中を押していることにびっくりしつつも、

そんなことをしてしまった、自分もまた好きである。

https://twitter.com/naooo510oooan/status/1045610640772018177

そして、何かに夢中になり始めている自分も好き。

 

私は自分をもっと好きになるためにブログを書いているのかもしれない。

自分の人生の主役は自分だもん。

自分のために生きているもん。

私が自分を好きになるためにどう在りたいか。

・・・。

お休みの今日も私は早起きをしたよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です