お一人様におすすめ京都カフェ『月と六ペンス』に行ってきた

皆さんこんにちは!

カフェにて、ほっこりするのが大好きなわかなん (@wakanai92)です!

今回は、遅ばせながら1月に行った京都のカフェがそれはそれは落ち着いて

ほっこりが止まらなかったので、ご紹介です!

お一人様好きな方必見ですよ!

京都カフェ『月と六ペンス』概要

場所:京都府京都市中京区二条通高倉西入ル松屋町62 杉野ビル2F

営業時間:12:00~20:00(L.O)

定休日:日曜・祝日・月・火

禁煙

月と六ペンス食べログ

京都カフェ『月と六ペンス』正体

しれっと昭和館溢れるビルの2階にありました。

雰囲気づくりの名人かな?

(しれっとしすぎて、グーグルマップを片手に歩いていたのに一度通り過ぎていましたが…)

階段を上がっていくと…

正直、開けるのに勇気のいる入り口でした。

(ひとん家やん?)

開けてみると…いい香りに、いい雰囲気、

そして、図書館?ってほど店内にはたくさんの文庫本。

そして、お客様たちがみなさま本を読んでらっしゃいました。

感化されて私も、本を1冊読みました笑

何を読んでいたか?

これだよ?笑

この日すごく寒くて、一気に読了しました。笑

読書に最適なカフェ。

京都カフェ『月と六ペンス』メニュー

ドリンクは、コーヒーやカフェオレ、ビールなんかもありますよ!

軽食メニューは、サンドイッチがメイン。

日替わりかどうかは、不明ですが

定期的に変わるそうです。

私が頼んだのは、

ホットカフェオレとオイルサーディン&ボイルドエッグ

このそびえ立つカフェオレ。

量も多くて大満足っ

味も間違いなしの美味しさでした。

そして、サンドイッチ!!!

誰がパンの上にたっぷりチーズサンドイッチを想像しましたか?!

耳なしパンの耳の行方を気にしながらではありましたが、

文句なし、大変美味しゅうございました。

京都カフェ『月と六ペンス』BGM

音楽はかかっておりません。

店主の方が、コーヒー豆を挽く音。

ドアの開く音。

お客さんが本のページをめくる音。

ちなみに、パソコンの使用はご遠慮でいただいております。

(確かに、パソコンのパチパチ音は不釣り合いかも)

お客さん同士のおしゃべりもほとんどありませんでした。

『月と六ペンス』は、おしゃべりを楽しむ場所ではなく、

一人のほっこり、しっぽり時間を楽しむ場所ですね。

京都カフェ『月と六ペンス』特性、ブックカバー?!

お会計を済まそうとカウンターに向かうと、

文庫本のブックカバーを発見!

クラフト紙に、黒いインクがマッチしています。

種類も豊富で、壁にはずらっと並んでいました。

店主の方が「お好きなもの選んでいいですよ」

と言ってくださって、選べずに二つ持ち帰りました。

今は、本「夢をかなえるゾウ」のブックカバーにしています。笑


京都らしさと、一人の時間を存分に楽しめるカフェ『月と六ペンス』

ぜひ一度行ってみてください!

月と六ペンス食べログ情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です