私がワーキングプアであると知った日。

みなさんこんにちは!

社会人3年目のわかなん (@wakanai92)です。

先日、自分がワーキングプアであるという事実を突然知らされました。w

このまま年取るのやだな〜となんとなく思ってはいたのですが、

やはり、そうだったみたいです笑

今回の記事を読んで欲しい方
・金遣い荒くないのに、お金がたまらない方
・私はこのままでいいのか?と考えてしまっている方
・月給の手取りが20万円前後の方w

 

働き出して仕事も慣れてきた頃、

このままでいいのかな〜と、なんとなく考えてしまっている20代の若者に捧げます。

(はい、私のことです。)

 

自分がワーキングプアという事実を突然知らされる・・・。

先日、福岡の実家に帰っていました。

久しぶりに会った、5つ年上の兄と世間話をしていたのですが・・・

兄の住んでいる東京のマンションの家賃が、

私の1ヶ月の給料と同じぐらいだったのです。www

 

すると兄が、

「わかなちゃん、ワープアやん。」

 

それを聞いた私はポカンですよ笑

(いやいやいや〜〜私がワーキングプア?!まっさか〜〜〜)

ちゃんとした格好もしてるし、

ご飯も食べているし、

スタバとかも時々行くぞ!笑

生活は豊かではないけど、決してプアではないぞ!

ね〜私プアじゃないよね??? ね??

 

私、本当にワーキングプアなの?

ワーキングプア(英:working poor)とは、「働く貧困層」と解釈される。雇用に付きながらという新しい種類の貧困として米国・カナダ、さらにイタリア・スペイン・アイルランドなどの先進国で見られると論じられるようになった

引用元:Wikipedia

雇用につきながらの貧困・・・。

せっかくブログを見てくださっているので、

2018年12月のわかなん の給与事情をリアルガチで公開します。

私の12月の給料は手取り¥192,923でした。(がちですw)

いや〜20万切ってます。

そこから、家賃6万、生活費、食費、光熱費を差し引くと

確かに、手元にはほとんど残りません・・・。

あ、はい、私、ワーキングプアでしたわw

 

なぜ、自分がワーキングプアであることに気づかなかったのか。

自分の周りの人たちが今の自分のレベルであると、

何かで聞いたことがあります。

まさしく、経済力でも言えてました。

自分の周りも、私と同じぐらいの経済力であるが故に、

自分がワーキングプアであることに気づかなかったのです。

ましてや、毎日顔を合わすのはお金の出どころが一緒の会社の同僚です。

自分の経済力が普通と思い込みますよね。

世界が狭かったんです。

そして、知らず知らずのうちに慰め合っていました。

ワーキングプアを脱するためマインドから変えよう!

手取り20万前後で、何も感じないなら全然いいと思います。

だって、大阪市内で一人暮らしは十分できます。

(家も、バストイレ別で、オートロックあるよ〜笑)

しかし、私は何も感じないふりをしていました。

「しょいがない」とどこかで悟っていたのです。

でも、でもでもでも!!!

何も感じないふりをするのは、もうやめにします。

昔から無駄に向上心だけはあるので、抑えるのもう無理です。笑

脱ワープア論①「周りの環境を変えてみる」

自分のレベルを上げたいなら、周りのレベルを上げましょう。

私の場合、一つの方法として「オンラインサロン」に入っています。

入ったからといって何か激変するわけではありません。

しかし、会社以外のコミュニティに属することで、

自分の常識が覆されることが多々あります。

そういった環境に触れることにより、今の自分の現状に麻痺しないで済みます。

スタート地点に立ちましょう。

脱ワープア論② 「意識を変える」

自分はどうせこれぐらいの稼ぎが身合っている・・・。

なんていう悟りを開くのをもう辞めにしましょう。

今の現状を脱したいのなら、まずは意識から変えるのです。

私も、「こんなもんじゃないぜよ!」という意識は前よりも強く持つようになりました。

 

ワーキングプアの私から最後に

「お金だけが全てじゃない」って、よく言いますよね。

そういう一面ももちろんあります。

だけど、お金を稼いで、好きな人のお祝いごとなどには美味しいものをご馳走したいし、

綺麗な格好もしたいし、全身脱毛や、レーシックもしたい笑

お金のことで悩まない日々を送ってみたい。

ワープアを脱してみせるので、みなさん見守っていてください。笑

 

(販売業には給料の上昇に限界を感じ、ついに転職活動を本格化したわかなんでした!)

最後まで、お読みいただきありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です